出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 等しいこと。同等。同格。

  1. 価格の平衡。平価

  1. 素粒子の内部状態の特徴を、波動関数の符号が空間反転によって変わるかどうかで示す物理量。符号が変わらないときを+1(正・偶)、変わるときを-1(負・奇)であるという。陽子では+1、π (パイ) 中間子では-1となる。偶奇性。

  1. 二進法における1の数が奇数個または偶数個ある状態。コンピューターではデータの単位に余分の1ビットを追加してこの状態を作り、誤りの検出・訂正を行う。