出典:デジタル大辞泉(小学館)

コンピューターで、データの単位に余分の1ビットを追加して、1の数が偶数個または奇数個となる状態を作って行う誤りの検出法。奇偶検査。