出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 四季の第一。の間で、日本では3・4・5月をいう。暦の上では立春から立夏の前日まで(陰暦正月から3月まで)をいい、天文学では春分から夏至まで。しだいに昼が長く、夜が短くなり、草木の芽がもえ出る。「暖かい春の日ざし」 春》「窓あけて窓いっぱいの―/山頭火

  1. 《陰暦では立春のころにあたるところから》新年。正月。「新しい春を迎える」

  1. 思春期青年期青春。また、思春期の欲情。「春のめざめ」

  1. 人生の中で勢いの盛んな時期。また、最盛期。「人生の春」「わが世の春をうたう」

  1. 苦しくつらい時期のあとにくる楽しい時期。「わが家にめぐりくる春」

  1. 性行為。「春をひさぐ」

[補説]作品名別項。→