出典:デジタル大辞泉(小学館)

春を待つ。また、春を迎える。

「―・けてもの悲しきにさ夜ふけて羽振き鳴く鴫 (しぎ) 誰 (た) が田にか住む」〈・四一四一〉