出典:デジタル大辞泉(小学館)

キク科の二年草。高さ30~60センチ。全体がヒメジョオンに似るが、茎は中空で、葉の基部は茎を抱き、5月ごろ開花。花は紅がかった白色で、つぼみのときはうなだれている。北アメリカの原産で、日本には大正年間に帰化し、主に関東地方にみられる。春紫菀 (はるじおん) 。

[生物/植物名]カテゴリの言葉