出典:デジタル大辞泉(小学館)

スーダン共和国の首都。白ナイル青ナイルとの合流点にあり、交通の要地。青ナイルの対岸ハルツームノース、および白ナイル対岸のオムドゥルマンとともに都市圏を構成する。綿花などの集散地。1820年頃、エジプトの太守ムハンマド=アリーが建設して象牙と奴隷の取引基地となった。人口、行政区232万(2009)。ハルトゥーム。カルツーム。