出典:デジタル大辞泉(小学館)

[動バ五(四)]
  1. 物が液体の表面や中間、または空中に存在する。浮く。「雲が―・ぶ」「ボートが湖水に―・ぶ」「太平洋に―・ぶ島」⇔沈む

  1. 物が液体の表面や空中などに、底から離れて上がる。浮く。浮かび上がる。「沈没船から油が―・ぶ」⇔沈む

  1. 心の中に上ってくる。意識に出てくる。「名案が―・ぶ」「彼のおもかげが―・ぶ」

  1. 表面に出てくる。「苦悩の表情が―・ぶ」「涙が目に―・ぶ」

  1. 物がその姿かたちを目立たせる。「霧の中に木立が黒く―・んでいる」

  1. よくない境遇から脱する。よい方に事態が向かう。→浮かばれる

    1. 「小夜さんが其気になりゃ、小夜さんも幸福 (しあわせ) だし、君も―・ぶ」〈二葉亭其面影

  1. 陽気になる。浮く。

    1. 「心配気な、―・ばない顔色をして」〈啄木・赤痢〉

  1. 死者の霊が慰められて安らかになる。成仏する。→浮かばれる

    1. 「流れ出 (いづ) る涙に今日は沈むとも―・ばむ末を猶 (なほ) 思はなむ」〈山家集・下〉

  1. 気持ちなどが動いて定まらない。落ち着かない。うわついている。

    1. 「女の宿世は、いと―・びたるなむあはれに侍る」〈・帚木〉

  1. 10 根拠がない。いいかげんである。

    1. 「都にはいと―・びたる事ども、心のひきひき言ひしろふ」〈増鏡・三神山〉

    2. 浮く[用法]

[動バ下二]うかべる」の文語形。

出典:青空文庫