出典:デジタル大辞泉(小学館)

相手方を見張ること。敵方のようすをさぐること。また、その人。斥候 (せっこう) 。物見。

「近江の京より倭の京に至るまでに、処々に―を置く」〈天武紀〉