出典:デジタル大辞泉(小学館)

春の行きつくところ。春の果て。はるのとまり。

「暮れて行く―は知らねども霞に落つる宇治の柴舟 (しばぶね) 」〈新古今・春下〉