出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. ポーランドの首都ワルシャワ旧市街にある赤れんが造りの円形状の砦 (とりで) 。16世紀に造られたもので、火薬庫や牢獄として使われたことがある。第二次大戦で破壊され、戦後に復元。1980年、「ワルシャワ歴史地区」として世界遺産(文化遺産)に登録された。

  1. ポーランド南部の都市クラクフ旧市街北端部にある赤れんが造りの円形状の砦。隣接するフロリアンスカ門の防備を目的として、15世紀末にゴシック様式で建造。