出典:デジタル大辞泉(小学館)

[副]
  1. 遠く離れているさま。遠くから、または遠くへ物事の及ぶさま。はるかに。「遥遥(と)展望が開ける」「遥遥(と)海を渡ってくる」

  1. 程度がかけ離れているさま。はるかに。

    1. 「その顔色は世上の若き女どもよりは、―ましたとそ」〈三体詩素隠抄・二〉

  1. 時間が隔たっているさま。

    1. 「泣き候ひし時、―ありてそれがし申すやう」〈伽・三人法師

[形動ナリ]に同じ。
    1. 「―で小春様と主の花車が勇む声」〈浄・天の網島