出典:デジタル大辞泉(小学館)

西アジアの地中海沿岸地方。一般にヨルダン川以西をさす。また、パレスチナ自治政府やパレスチナ自治区をさしていう場合もある。この地方は、古くはカナンとよばれた。前12世紀ごろペリシテ人が定着し、名はこれに由来する。オスマン帝国の支配を経て、第一次大戦後は英国の委任統治領。シオニズム運動により移住したユダヤ人は1948年にイスラエル共和国を建国したが、アラブ人との間で紛争が発生。1993年にPLO(パレスチナ解放機構)とイスラエルとの間で暫定自治協定(オスロ合意)が調印され、1996年、ヨルダン川西岸ガザ地区からなる暫定自治政府が発足したが、武力対立は終わっていない。2011年9月、暫定自治政府が国際連合に国家としての正式加盟を申請。同年10月、ユネスコの加盟国として承認。2012年12月、国連での地位がオブザーバー組織からオブザーバー国家に格上げされた。人口1100万(2010)。→パレスチナ自治政府パレスチナ自治区

[補説]パレスチナの国連加盟については、常任理事国拒否権をもつ米国が反対の姿勢を示している。

出典:青空文庫

出典:gooニュース