出典:デジタル大辞泉(小学館)

機嫌を損じないように気遣い、恐る恐る接するさま。「まるで腫れ物に触るような扱い」