出典:デジタル大辞泉(小学館)

Catedral de Santa María de Valencia》スペイン、バレンシアの旧市街にある大聖堂。13世紀から14世紀にかけて建造され、17~18世紀に増改築されたため、ロマネスク様式のほかゴシック新古典様式などが混在する。高さ65メートルの八角形の鐘楼「ミゲレテの塔」がある。