出典:デジタル大辞泉(小学館)

エンジン・モーター・ポンプなどのエネルギー変換機、または自動車や航空機などの機械全体における、単位重量当たりの出力動力。主に加速能力の指標として用いられる。ふつう日本では単位出力動力当たりの重量を指し、値が小さいほど加速能力が高いことを示す。出力重量比。