出典:デジタル大辞泉(小学館)

[副]
  1. もしも。ひょっとして。まんいち。

    1. 「―に危 (あやぶ) む心から、暫く差控 (さしひかえ) ていた」〈二葉亭浮雲

    2. 「―おめえがつまらねえこといひ出しては」〈滑・大山道中・初〉
  1. わざわざ。とりたてて。

    1. 「珍しくもねえ喧嘩を、―に持ってくでもねえから」〈滑・浮世風呂・四〉

[名]
  1. めったにないこと。もしもの場合。まんいち。

    1. 「―には大きな事 (こつ) た」〈洒・船頭深話〉

  1. すべてのこと。万事。

    1. 「―に飽きっぽくて」〈滑・浮世風呂・初〉