出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 鳥獣・草花などの形を丸く図案化した文様。近衛の随身の褐衣 (かちえ) 、舞楽の装束、調度などに用いられた。

  1. (蛮絵)「南蛮絵」の略。

[美術・音楽/日本・東洋の美術]カテゴリの言葉

[生活/ファッション]カテゴリの言葉