出典:デジタル大辞泉(小学館)

江戸時代、武家の出仕服。肩衣 (かたぎぬ) に同じ色の半袴 (はんばかま) をつけるもの。御目見 (おめみえ) 以下の武士が着用し、庶民も礼服として用いた。

[生活/ファッション]カテゴリの言葉