出典:デジタル大辞泉(小学館)

天のなかほど。なかぞら。

「―に仰ぎたる煙火の明滅を」〈芥川・開化の殺人〉