出典:デジタル大辞泉(小学館)

陶器の一。元文年間(1736~1741)伊勢国桑名の沼浪弄山 (ぬなみろうざん) が小向 (おぶけ) で創始。赤絵にすぐれ、万古の文字を印した。また、青磁も製し、万古青磁の名がある。明治以降四日市を中心に急須を主とした赤土・素焼きのものが多く作られ、四日市万古とよばれる。→古万古 (こばんこ)