はんざいひがいしゃとう‐きほんほう〔‐キホンハフ〕【犯罪被害者等基本法】 の意味

  1. 犯罪被害者とその家族・遺族に対する精神的・物質的な支援を、国・地方自治体・国民の責務と定めた法律。平成16年(2004)12月成立。