出典:デジタル大辞泉(小学館)

宗教改革に対するカトリック教会側の改革、およびプロテスタントに対する一連の宗教的、政治的反撃。16世紀後半から約1世紀間、トリエント公会議の開催やイエズス会の創設などを通して勢力を回復し、海外布教を進展させたが、その反面、宗教戦争の一因ともなった。反動宗教改革。