出典:デジタル大辞泉(小学館)

謡曲。四番目物世阿弥作。恋する吉田少将の残して行った扇を持った遊女の花子 (はなご) が、物狂いとなって都へ上り、少将に再会する。
三島由紀夫の戯曲。をモチーフとする1幕の近代劇。昭和30年(1955)「新潮」誌に発表。初演はドナルド=キーンが翻訳した英語版で、昭和32年(1957)、著者自身の演出により東京の中央公論社ギャラリーで上演された。「近代能楽集」の作品のひとつ。