出典:デジタル大辞泉(小学館)

南無阿弥陀仏と唱える念仏の「南無」は衆生の自力を表すとする考え方。また、他力本願に任せきれないで、自分の念仏の功徳 (くどく) により極楽往生を願い求めること。半他力。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉