出典:デジタル大辞泉(小学館)

奈良県五條市の荒木神社の森。[歌枕]

「かくしてやなほやなりなむ大荒木の―の標 (しめ) にあらなくに」〈・二八三九〉

[補説]のちには、京都市伏見区淀本町の与杼 (よど) 神社の森にもいうが、平安時代以後は混同されて明確でない。

[文学/江戸時代までの文学]カテゴリの言葉