出典:デジタル大辞泉(小学館)

室町時代、幕府が南北朝内乱による軍費を調達するため、荘園年貢の半分を守護を通じて配下の武士に与えた制度。のちには下地そのものを荘園領主と半分ずつ領有するようになり、武士の荘園侵略を促すこととなった。

[日本史/鎌倉・室町・安土桃山時代]カテゴリの言葉