出典:デジタル大辞泉(小学館)

平安末期の絵巻。3巻。貞観8年(866)に起きた応天門の火災をめぐる大納言伴善男 (とものよしお) の陰謀、その露見と失脚を描く。卓抜な構成力と的確な描線や鮮やかな色彩で人物の描写にすぐれる。12世紀後半、常盤光長 (ときわみつなが) 作と推定される。伴大納言絵巻。

[美術・音楽/日本・東洋の美術作品]カテゴリの言葉