出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 知識が中途半端なこと。

  1. 江戸時代、藩の財政救済のため、領主が借り上げの形式で家臣の知行・俸禄を半分に減じたこと。