出典:デジタル大辞泉(小学館)

番茶でも入れたては香りが高くておいしい。どんな女性でも娘盛りは美しいものであるというたとえ。「鬼も十八、番茶も出花」