うき‐まくら【浮(き)枕】 の意味

  1. 船またはいかだの上で旅寝すること。浮き寝の枕。
    • 「杣川 (そまがわ) の筏 (いかだ) の床の―夏は涼しきふしどなりけり」〈詞花・夏〉
  1. 《涙で枕が浮く意の「浮き」に「憂き」を掛けて》独り寝のつらさ。
    • 「水鳥の玉藻の床 (とこ) の―深き思ひは誰かまされる」〈堀河百首
  • 名詞