出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 商家などの使用人のかしら。営業・経理など、店のすべてを預かる者。

  1. 警護すること。見張りをすること。また、その役。

    1. 「方々、きっと―つかまつれ」〈伎・勧進帳

  1. 風呂屋の番台に座る者。のち、風呂屋の下男や三助にもいった。

    1. 「この流しの男は、来年ごろ―にぬけやうといふ人物」〈滑・浮世風呂・二〉

  1. 番頭新造」の略。

    1. 「―さんをはじめ白川だ」〈洒・四十八手〉