出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 代金を授受した証として相手方の判をもらうこと。

  1. ある事に関する同意・承認の証印をもらうために、関係者の間を回ること。

  1. 判取り帳」の略。