出典:デジタル大辞泉(小学館)

江戸時代の小説の一種。天和2年(1682)刊の井原西鶴の「好色一代男」以後、元禄期を最盛期として約80年間、上方 (かみがた) を中心に行われた小説の一種。仮名草子と一線を画した写実的な描写が特色で、現世的・享楽的な内容。好色物町人物武家物気質物 (かたぎもの) などに分けられ、西鶴以後は八文字屋本が中心。浮世本。

出典:青空文庫