出典:デジタル大辞泉(小学館)

ランベルト正積図法の半球図を、横方向に2倍に引き伸ばした楕円に全地球を表す図法。面積が正しく表現され、世界全図として優れる。1892年ドイツの地理学者ハンメル(E.Hammer)が考案。ハンマー図法。

[地理/その他の地理の言葉]カテゴリの言葉