出典:デジタル大辞泉(小学館)

この世の煩わしさや汚らしさをちりにたとえていう語。

「このままにすまばすむべき山水よ―に濁らずもがな」〈新続古今・雑中〉