出典:デジタル大辞泉(小学館)

いろいろ思いわずらうこと。また、その思い。

「心頭には一の―なく」〈独歩・無窮〉