出典:デジタル大辞泉(小学館)

絹布を三角形に縫った中に綿を入れ、上の角に飾り糸をつけたもの。江戸時代、通人が懸け香の匂い袋としたり、遊女屋の暖簾 (のれん) につけたりしたが、のちには子供の玩具になった。