出典:デジタル大辞泉(小学館)

判例を至上のものと考え、判例に忠実に判断すること。特に、制定法主義を採用しているにもかかわらず、法的判断を行う際に判例を過度に尊重すること。→判例法主義

[補説]同種の訴訟に対して裁判官によって判決が異なるのは公平ではないため、制定法主義をとる日本でも判例が重視される。しかし、判例を重視するあまり、国民の一般的な感覚とは必ずしも一致しない判決が下される場合もある。