出典:デジタル大辞泉(小学館)

法源として認められる判例の形で存在する法。日本では英米と異なり、体系的なものとしての判例法は存在しない。