ひ【火】 の意味

  1. 物が燃えて光や熱を出す状態や現象。また、その炎。「火が燃える」「火山が火を噴く」「額が火のように熱い」
  1. 炭火。おき。「火鉢に火をつぐ」
  1. 物を煮炊きする火や熱。「やかんを火にかける」「オーブンに火を入れる」
  1. 火打ちの火。「火を打つ」
  1. 火の粉。火花。「目から火が出る」
  1. タバコの火。「火を貸して下さい」
  1. 火の気。火のあたたかみ。「火のある部屋」
  1. 火事。「火を出す」「火の元」
  1. (恋や怒りなどで)胸の中に起こる激しい感情。「嫉妬の火を燃やす」
  1. 10 狼煙 (のろし) 。
    • 「天下に兵革おこる時、所々に―を上げ」〈平家・二〉
  1. 11 月経。
    • 「奥様の十九めかけの―が止まり」〈柳多留・五〉
  • 名詞

ひ【火】の慣用句

  1. 火危うし
    • 昔、宮中などで、夜番の役人が見回りのときに発した言葉。「火の用心」の意。
      「あやしき男(をのこ)どもの声して、―など言ふも」〈・浮舟〉
  1. 火が付く
    • 燃えはじめる。引火する。
    • ある事がもととなって、騒ぎ・事件などがもちあがる。「怒りに―・く」「紛争に―・く」
    • 影響が身に及んでほうっておけない状態になる。「足もとに―・く」
    • 勢いが出る。また、感情や情熱が高まる。「打線に―・く」「闘志に―・く」
  1. 火が降る
    • 非常に貧乏であるさまのたとえ。
      「内証は提灯程な―・って」〈浮・一代男・三〉
  1. 火に油を注ぐ
    • 勢いの盛んなものにさらに勢いを加えるようなことをするたとえ。薪(たきぎ)に油を添える。「あまり問題をつつくと―・ぐ結果になる」
  1. 火に入る虫
  1. 火の消えたよう
    • 活気を失って寂しくなるさま。「子供たちがいないので家の中は火の消えたようだ」
  1. 火の付いたよう
    • あわただしいさま。性急なさま。「火の付いたような騒ぎ」
    • 大声で泣き叫ぶさま。「赤ん坊が火の付いたように泣き出す」
  1. 火の出るよう
    • 怒りや恥ずかしさで顔をひどく赤らめるさま。火のよう。「顔から火の出るような思いをした」
    • 激しい勢いで行われるさま。「火の出るような論戦」
  1. 火の無い所に煙は立たぬ
    • まったく根拠がなければうわさは立たない。うわさが立つからには、なんらかの根拠があるはずだということ。
  1. 火の中水の底
    • ひどい苦しみや困難な境遇に身を置くたとえ。火の中水の中。
  1. 火を落とす
    • かまどや炉などの火を消してしまう。「調理場の―・す」
  1. 火を掛ける
    • 火を放つ。放火する。火をつける。「敵城に―・ける」
  1. 火を乞うは燧を取るに若かず
    • 《「淮南子(えなんじ)」覧冥訓から。人から火種をもらうより、自分で火打ち石を使って火を起こしたほうがよいという意から》人を当てにせず、自分で努力すべきことのたとえ。
  1. 火を失する
    • 誤って火事を出す。失火する。
  1. 火を擦る
    • 表向きはなごやかだが、実際は仲の悪いさまのたとえ。
      「法花・念仏は互ひに―・りたる間なり」〈伽・鴉鷺合戦
  1. 火を散らす
  1. 火を付ける
    • 点火する。「コンロに―・ける」
    • 放火する。「空き家に―・ける」
    • 騒ぎや事件のきっかけをつくる。また、刺激して感情を高ぶらせる。「暴動に―・ける」「怒りに―・ける」
  1. 火を通す
    • 食べ物に熱を加える。焼いたり煮たりする。「煮物に―・す」
  1. 火を吐く
    • 火を吹き出す。「―・く銃口」
    • 激しい口調で論じたてる。「舌端―・く」
  1. 火を放つ
    • 火をつける。放火する。
  1. 火を吹く
    • ほのおが吹き出る。激しく燃え出す。「燃料タンクが―・く」
    • 銃口から弾丸が激しい勢いで飛び出す。「機関銃が―・く」
    • 内にたまっていたものが表に激しい勢いで出る。「怒りが―・く」
    • 《かまどの下の火を吹いて炊事をする意から》暮らしを立てる。
      「今はさりとも―・くべき便りなく」〈浮・沖津白波〉
  1. 火を吹く力も無い
    • かまどの下の火を吹きたてることもできない。ひどく貧乏なさまのたとえ。
      「塵(ちり)も灰もなく―・く」〈浮・永代蔵・一〉
  1. 火を見たら火事と思え
    • 少しの火を見ても火事になるかも知れないと心がけよ。物事には用心の上にも用心をせよというたとえ。
  1. 火を見るよりも明らか
    • 《「書経」盤庚上から》きわめて明らかで、疑いを入れる余地がない。火を見るより明らか。明々白々。「泣きをみるのは火を見るよりも明らかである」
    • [補説]ふつう、悪い結果になるのが予想される場合に使う。文化庁が発表した平成20年度「国語に関する世論調査」では、本来の言い方とされる「火を見るより明らかだ」を使う人が71.1パーセント、本来の言い方ではない「火を見るように明らかだ」を使う人が13.6パーセントという結果が出ている。
  1. 火を以て火を救う
    • 《「荘子」人間世から。火で火事を消そうとするという意から》害悪を除こうとしてかえってそれを助長する。状況がますます悪くなるだけで何の益もないたとえ。
  • 索引から検索