出典:デジタル大辞泉(小学館)

昔、宮中などで、夜番の役人が見回りのときに発した言葉。「火の用心」の意。

「あやしき男 (をのこ) どもの声して、―など言ふも」〈・浮舟〉