出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「淮南子 (えなんじ) 」覧冥訓から。人から火種をもらうより、自分で火打ち石を使って火を起こしたほうがよいという意から》人を当てにせず、自分で努力すべきことのたとえ。