出典:デジタル大辞泉(小学館)

火の元。また、茶の湯で、火のおこりぐあい。

「内蔵―よく念を入れ」〈浮・織留・五〉