出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 鶯が谷から谷へ、また、枝から枝へ鳴きながら渡ること。また、そのときの声。

  1. 曲芸などで、物の一方から他方へ移ること。また、物を一方から他方へ移すこと。