出典:デジタル大辞泉(小学館)

Château de Vianden》ルクセンブルク大公国、ドイツ国境沿いの町、ビアンデンにある城。11世紀にビアンデン伯爵が領主となり、後にルクセンブルク大公の祖であるナッサウ家に引き継がれた。1970年代に修復され、中世の面影を色濃く残す現在の姿になった。