出典:デジタル大辞泉(小学館)

biosafety level》細菌・ウイルスなどの病原体を生物学的な危険度で分類した指標。WHO(世界保健機関)が制定する指針に基づき各国が独自に定める。病原体を危険度に応じてレベル1(BSL-1)からレベル4(BSL-4)に分け、取り扱い手順、感染性微生物を扱う実験室の設備や施設の基準を定める。生物危険度。バイオセーフティーレベル。