出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 江戸時代、公家や武家で、生まれた女子の額におしろいで白い線を描き、眉毛の代わりにしたもの。

  1. 江戸時代、奥女中が16、7歳ごろから行った引き眉。眉を上下から細くそり、練 (こ) ね墨をさしたもの。糸眉。柳眉。