出典:デジタル大辞泉(小学館)

1950年代の米国を中心に現れた、物質文明を否定し、既成の社会生活から脱しようとする若者たち。また、その世代。文学運動としても発展し、ギンズバーグやケロアックなどが中心的存在となった。ビート派。