出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「宇」は軒 (のき) 。眉 (まゆ) を目の軒と見立てていう》まゆのあたり。まゆ。「決意を眉宇に漂わせる」

出典:青空文庫