出典:デジタル大辞泉(小学館)

神仏習合の理論を具体化した仏教的神道の一。延暦寺地主神、日吉 (ひえ) の神の本体を仏陀とし、諸神はその根本的仏性の示現とする。平安末期から鎌倉時代に起こり、江戸初期には徳川家康の信を得た天海が山王一実神道を説いて発展させ盛行した。天台神道。山王神道。

[宗教・思想/神道]カテゴリの言葉